気になる情報をお届け

気になリンゴ

生活

フロッシュ洗剤の使い比べ

更新日:

近年、女優・宮崎あおいさんのCMの影響なのか、ドイツのエコ洗剤・「フロッシュ」がスーパーでも見かけるようになりました。
私が初めてフロッシュを見たのは、数年前のおしゃれな雑貨屋さん。 当時、石けん洗剤で食器洗いに四苦八苦していたころで、オシャレなボトルと可愛いイラストに心惹かれたものでした。

でも今と違ってその頃はまだまだ知名度も低く、値段も700円くらいしたと記憶しています。 それまでもさまざまな「エコロジー石けん」と言われるものを使ってきて、結局どれもストレスなく使い続けることはできず・・・

元々手荒れがない丈夫な皮膚をしているので、環境への配慮は気になりつつも、使いやすさ・買いやすさという点で、合成洗剤を使い続けてきました。

それが今では時代は変わり、うちのような田舎のスーパーでもフロッシュが手に入るようになりました。 お値段もあの頃よりぐっと安くなって半額程度で買えるように。 手軽に買えるようになったからこそ、「また次の機会に」 「まだ今使っているのがあるから」と、購入を先送りするようになってしまったのです。

それと、フロッシュを使うに至らない理由がもう1つありました。
それは、 どれを選んだらいいかわからない からです。

ご存じのとおり、フロッシュには何種類か種類があります。
froschhikaku

 

そして洗浄力の比較グラフがこちら。
froschhikaku1

手肌の事を考慮すれば、「アロエベラ」という選択がベストでしょう。 スーパーなどで見ても、必ずアロエベラは置いてあるので、メーカーもこちらをスタンダードとしているのかもしれません。

ただ先ほども書いた通り、これまで何度も「エコ石けん」「石けん洗剤」を使ってみて、何度もストレスに負け途中で使うのを辞めた経験があります。
ストレスとは、
「汚れが落ちない」
「スッキリ落ちない」
「ベトベトする」
「タワー洗いができない」
などです。

汚れが落ちない・スッキリ落ちない・ベトベト感が残る点に関しては、あらかじめウエス等で汚れをふき取っておくという処理をしておくことで、汚れ落ちは断然違ってきます。

ただ、その手間を考えるとついつい面倒になるのは確かです。

それからタワー洗いが出来ないという点。
これは石けんが汚れを落とす際に 泡が汚れを包み込む という特徴があり、それが再度食器に付着するとベトベトしてしまうため、タワー洗いやため洗いをせず、流水で1つずつ洗うのがよし、とされています。

これは主婦の目線からすれば水道代が気になるところです。 私は食器を洗い流す際、必ずボウルに洗剤のついた食器を入れ、その上で流水を掛けながら泡を落とします。

こうすることで、一つの食器をすすぐその下で、これからすすぐ食器の洗剤がどんどん薄められて行き、最終的にはすすぎがすぐに終わる・・・ということになります。

それが、石けん洗剤を使う時は、一つずつ水ですすぐことになるので、水道代が無駄になっている感が気になるのです。

そんな経験もあるので、 「手肌に優しい = 洗浄力が弱い = ストレスになる」 という図式がすぐに頭に浮かぶのです。

こういった理由で、安価になったとはいえなかなかフロッシュを使うに至らなかったわけです。
ところが先日、久しぶりにドラッグストアに行ったところ、こんな商品がありました。
frosch

おぉぉ! こちらの気持ちがわかってくれたような、使い比べセット!!
しかもサイズは可愛いミニサイズ。 これなら途中でリタイアしても諦めがつくかも!?

早速購入し、家に帰って使い比べてみました。
まずはアロエベラ。
frosch_3

「手肌にやさしく汚れも落とす」 とあります。
さて、使い心地はどうでしょうか。

うん、ビックリするほど普通に泡立ちます。
これまで使ってきた石けん洗剤に比べても遜色ない泡立ち。

そして洗浄力ですが、これも石けん洗剤とは違い、合成洗剤のように普通に使えます。
泡立ちもいいし、泡の持ちもなかなかのもの。
そして、泡切れもいいのは嬉しい誤算でした。

次にグレープフルーツです。
「泡立ちもよく油汚れをすっきり」とあります。
frosch_2

確かに泡立ちはアロエベラに比べてさらにいいです。 そして泡に腰があります。
炒め物をしたお皿もスッキリ落ちて泡切れもさっぱり。
これはストレスフリーですね。

最後はソーダ。
「炭酸ソーダ配合で油汚れもしっかり落とす」そう。
frosch_1

使ってみると、こちらはもう合成洗剤と変わりないと言ってもいいかもしれません。 それくらいパワフル。 逆に、これがエコ石けん?と思ってしまうほど。

ただ正直私にはグレープフルーツとソーダの違いがあまりわかりませんでした。 試しに使ってみただけなので、使い続けてみないとこの二つの違いが分かりづらいかもしれません。

今のところ、汚れが少ない食器洗いにはアロエベラを、炒め物をしたフライパンや鍋を洗うのにはソーダをと使い分けています。
よってグレープフルーツがなかなか減らない^^;

frosch_4

 

とても気に入ったので、今後はアロエベラを普通サイズで購入したいと思います。 そうそうひどい油汚れはないので、しばらくはこのミニセットのソーダとグレープフルーツで間に合いそうw

今は原液を使用していますが、
ドイツでは5Lの水に3mlを薄めてのつけおき洗いが一般的
だそうです。

そしてその際には、別売りの泡で出てくるポンプを使うのがいいそうですよ。
今度ぜひポンプを入手し使ってみたいです♪

-生活
-, , ,

Copyright© 気になリンゴ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.